会社経営をして行く上で、最も重要な役職はもちろん「代表取締役」である『社長』なんですが、意外と『経理部長』が重要だったりもします。

それには大きな理由があり、それなりの規模の会社になると、経理部長はヘッドハンティングするのが当たり前なんです。

 

例えば、銀行の支店長クラスを引き抜きしたり、銀行の役員クラスを引き抜きしたりと、どのポジションにいる方を引き抜くかは社長の判断になるのですが、こういった銀行員として働いたことのある人間を『経理部長』として雇用することで、さらに会社組織の資金繰りが良くなるとされています。

 

そこで今回は、会社組織にとって『経理部長』の重要性について詳しく掲載していきたいと思いますので是非ご覧ください。

 

『経理部長』の役割

会社組織における経理部長の役割

 

既に起業して会社経営をしている方はご存知かと思いますが、会社組織における『経理部長』の役割をご存知ですか?

 

基本的に経理部長の業務は、会社組織における「経理部」のトップであり、会社の資金の中枢でもあります。

 

中には、経理部という部署を、総務や事務と併用している組織もありますが、今回私が言う『経理部』は、会社組織にとって最も最上級の部署のことを指します。

またの名を『財務部長』と言うべき役職であり、アメリカ企業でいう『CFO(Chief Financial Officer)』を意味する上での『経理部長』について掲載していきますので予めご理解ください。

 

おそらくですが、財務部長という言葉はあまり聞きなれていないと思いますし、『経理部長』と言った方が分かりやすいと思いますので、そういった意味でご説明していきます。

 

 

早速ですが、会社組織における「経理部」というのは非常に重要で、クライアントから得た入金管理をしたり、取引先(外注先)に支払い処理をしたりと、会社全体の資金を管理する部署です。

違った意味で言えば、働いている従業員よりも、会社が儲かっている状況や、今にも倒産しそうな状況をいち早く把握できる部署でもあります。

 

ですので、資金が足りなくなる前に、経理部長は代表取締役と融資の段取りをしたり、経営に関しての改善点を考えたりする立場と言えます。

 

世間から見れば、経理部で働く人間は、会社の営業とは一切関係ないように感じるかもしれませんが、実はその逆なんですよね。。。

 

『いま資金が必要だから融資を受ける』

『ここの部署の売上と経費は割に合っていないから改善する』

 

など、人の感情ではなく、あくまで現実的な「資金」を第一に考えた上で物事を考えられるのが『経理部長』の役割だと私は思います。

 

ですので、経理に関しての素人が着任するよりも、資金に関してのプロである人間をヘッドハンティングして経理部長として雇用することで、さらに会社の経理事情が良い流れになるといった考え方になります。

 

 

『経理部長』をヘッドハンティングする理由

会社組織における経理部長をヘッドハンティングする理由

 

では、上記のことを踏まえた上で、『経理部長』または『財務部長』をヘッドハンティングする理由についてご説明していきます。

 

上記でも触れましたが、やはり『経理部長』あるいは『財務部長』に着任するに適した人間は、お金に関してのプロを雇用するのが一番です。

 

例えば、

 

  • 銀行の支店長
  • 銀行の重役
  • 証券会社の重役
  • 財務省や金融庁の重役
  • 公認会計士・税理士の国家資格を取得した者

 

など、融資や税金、財政まで把握できる人間をヘッドハンティングすることで、間違いなく会社の経理事情や資金繰りが良くなります。

 

でもそうですよね?

 

こういった方達にも横のつながりがありますし、融資を受ける為の決算書の作り方(法に触れる脱税や粉飾という意味ではない)や、その他強いコネがあります。

 

実際に私の知人で、年商100億円を超える会社を経営している社長は、財務に関する役職の人間は、全て上記のように経験のある人間のみを雇用していると言っていたほどですので間違いありません。

 

私が何が言いたいかと言いますと、経営している会社を大きくしたいなら、または財務状況を良くしたいなら、素人の社長がどうこう言うよりも、専門の人間に客観的に判断してもらった方が間違いはないということです。

確かに、社長自身が経理に関する勉強もした方が良いとは思いますが、だったら社長は、資金に関するプロとの繋がりを持つための営業をした方がよっぽど良いと思います。

 

だいたいどのくらいの年商かは言えませんが、年商10億円を超える前には、優秀な経理部長をヘッドハンティングしたいところですね。

おそらく給料は弾まなくてはいけませんが、それ相応の役割を果たしてくれるはずです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上が、会社組織における最も重要な役職は『社長』ではなく『経理部長』!?になります。

まとめになりますが、会社組織における最も重要な役職は、確かに社長もそうですが、経理部長も非常に重要な役職です。

基本的に会社は、資金がある以上は倒産することはありませんので、売上を上げることを第一に、そして経理関連の見直しも第一に考えていけば、自ずと会社経営はうまくいくはずです。

 

会社組織が大きくなり過ぎる前に、一度社内の環境を見直してみましょう。

 

起業・会社経営に関する人気記事

『社長』と『CEO』の違いは?会社組織における正しい役職名と役割

会社経営で『利益を出す』ために重要な考え方と4つのやるべきこと

会社経営を安定させる為には借入が肝心!?正しい借入の考え方

『銀行融資を受ける方法』借り入れを簡単に実行する極意とは?

『即日融資』いざという時に経営者に役立つ3つの資金調達方法

 

スポンサーリンク