会社組織の「利益」には、「営業利益」「経営利益」「純利益」の3種類が存在しますが、会社組織にとって最も重要すべき利益はいったいどの利益なのでしょうか?

 

そこで今回は、会社経営に関する「利益」について分かりやすく掲載していきますので是非ご覧ください。

 

会社経営に関する「利益」は、差し引く項目によって変わる!

会社経営における利益の種類

 

起業して会社経営をする社長になると、必ず「決算書」というものに目を通すことになりますが、それ以前に事業計画書や、資金繰り表の作成などでも「利益」を計算することは非常に重要なことです。

 

しかし、起業間もない方や、これから起業を考えている方にとっては、会社経営の「利益」について知識がないと思いますので、これから説明する「利益」についてしっかりと理解しておきましょう。

 

会社組織にある「利益」の種類には、

 

  • 営業利益
  • 経営利益
  • 純利益(当期純利益)

 

の3種類が存在します。

 

営業利益

まずは、利益の中にある「営業利益」について説明していきます。

「営業利益」とは、簡単に言えば売上高から人件費や材料費、または外注費などを差し引いた利益を言います。

 

参考例

年間売上高(1億円)−人件費・材料費・外注費(8,000万円)=営業利益(2,000万円)

 

 

経営利益

次に、利益の中にある「経営利益」について説明していきます。

「経営利益」とは、営業利益の他に、口座の受取利息などの営業外収益を足して、金融機関からの借入金の返済利息を差し引いた利益を言います。

 

参考例

営業利益(2,000万円)−受取利息・借入金の利息(500万円)=経営利益(1,500万円)

 

 

純利益(当期純利益)

次に、利益の中にある「純利益(当期純利益)」について説明していきます。

「純利益」とは、経営利益の他に、会社名義で所有する不動産売買などで得た利益や、特別利益や特別損失を差し引き後、さらに法人税や消費税などを差し引いた利益を言います。

また、その年の純利益のことを「当期純利益」とも言います。

 

参考例

経営利益(1,500万円)−税金(600万円)=純利益(900万円)

 

 

会社経営をしていく上で、最も重要な「利益」とは?

重要な利益は見せる相手によって変わる

 

起業して会社経営をしていくと、ほとんどの経営者の方が金融機関から融資を受けることになると思います。(一部無借金営業をしている企業もある。)

 

そこで、金融機関から融資を受ける際には、決算書に記載されている「利益」が審査基準になってきますので非常に重要な項目になります。

 

 

しかし、上記で説明した「営業利益」「経営利益」「純利益(当期純利益)」の中で、最も重要視されるのはどの「利益」なのでしょうか?

 

会社組織にとって重要な「利益」は、目的によって異なってきますので、その辺りの情報を理解しておくと後々便利かと思います。

 

 

金融機関から融資を受ける際に重要な「利益」

まず最初に、金融機関から融資を受ける際に重要な「利益」は、「営業利益」「経営利益」になります。

 

『その会社がどれくらい売上高があるのか?』

『その会社がどれくらい経営利益を出しているのか?』

 

売上高があれば、やり方を変えればさらに営業利益を増やすことができますので、金融機関としても期待が膨らみますし、経営利益が多ければ借入金が少ないと見られる場合もありますので、まだまだ融資可能と判断されることもあります。

 

 

株主に対して重要な「利益」

そして、株主に対して重要な「利益」は、すべての利益だと思いますが、特に「営業利益」「純利益」が重要になってきます。

 

「営業利益」が多ければ、その会社の商品に何かしらの魅力があると見られますし、「純利益」が多ければ配当金も多くなるという期待が生まれます。

 

 

クライアントや外注先にとって重要な「利益」

そして、クライアントや外注先にとって重要な「利益」は、「営業利益」が重要になってきます。

 

やはり、売上高が多ければそれだけクライアントがいる証拠ですし、収入が多いということは支払いが滞ることなく行われるのではないかと判断されることがあるからだと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上が、会社経営の「利益」とは?最も重要なのは経営利益ではなく純利益になります。

まとめになりますが、会社経営をしていく上で最も重要な利益は、見せる相手や目的によって異なるという結果に至ります。

 

しかし、あくまで私個人的な意見になりますが、やはり一番重要視したい利益は「純利益」です。

 

それには確かな理由があり、純利益が多ければその分税金も増えてしまうというデメリットもありますが、純利益がたくさんあれば金融機関から融資を受ける必要もありません。

 

特に起業後数年は、金融機関から融資を受けることが難しいので、できる限り純利益を残し会社経営を円滑に回すことが重要ではないかと私は思います。

 

例えば、

 

  • 年商2億円で、純利益が500万円
  • 年商1億円で、純利益が1,000万円

 

で比較した場合、明らかに後者の年商1億円で、純利益が1,000万円の方が経営は安定していると言えます。

状況にもよりますが、まずは純利益500万円を目指して頑張っていきましょう。

 

起業・会社経営に関する人気関連記事

会社生存率とは?中小企業は設立から10年で倒産する確率90%超!

『銀行融資を受ける方法』借り入れを簡単に実行する極意とは?

『即日融資』いざという時に経営者に役立つ3つの資金調達方法

 

スポンサーリンク