起業して会社経営が始まると、行く先は「成功」「失敗」かの2つしかありません。成功すれば巨額の大金を手に入れることができる上に地位と名誉が手に入りますが、失敗をすれば倒産して最悪の場合この世を去るという道を選択する者も少なくありません。

ではどのような社長が会社経営に失敗してしまうのか?会社経営に失敗する社長には、仕事をしないことを含む3つの共通点があるのです。

今回は「倒産する社長は仕事をしない!会社経営に失敗する社長の3つの共通点」について掲載していきます。

AS起業.net

独立して起業、新たな会社経営という門出を踏んだ社長は『いずれ成功してやる』という思いでいっぱいだと思います。

では何故、成功を意識して会社を経営しているのに失敗して倒産する社長がいるのか?

会社経営の失敗は、ある意味交通事故のようなものかもしれません。ある日突然、資金が回らなくなる時もありますし、よそ見運転をして信号無視をしたかのように突っ走ってしまう時もあるでしょう。

ですが、自動車もいざという時の事故のために任意保険に入るように、会社経営でもいつ資金がショートしてもいいようにお金をストックしておく必要があるのです。

会社経営の失敗の原因は基本的に資金不足ですので、資金があり続ければ倒産することはまずあり得ません。

少々前説が長くなりましたが、会社経営に失敗する社長の3つの共通点を見ていきましょう。

 

会社経営に失敗する社長の3つの共通点

社長が仕事をしない

まずは、企業のトップであり先駆者である社長が仕事をしないということについて説明していきます。

よく「社長出勤」という言葉がありますが、従業員同様あるいは誰よりも早く会社に出社する社長じゃないと「ダメ社長」の始まりと言えます。

ましてや、従業員が社長と会った事がない場合や、会話した事がないなんて事があったら最低最悪の事態です。たくさんの支社があるような大企業は別ですが、本社しかない中小企業の社長に会った事がないなんてまずあり得ません。

社長という人間は誰よりも早く会社に出社して、会社を守り続けるのが役目です。

実際に私の知り合いの成功者と呼べる社長たちは、誰よりも早く会社に出社して、玄関掃除やその日のスケジュール確認などをおこなっています。

午後から出勤してくる社長、とりあえず出社はするがすぐに帰宅する社長は、社長が仕事をしない典型的なダメ社長です。中には例外もありますが、基本的には社長も従業員も変わりはありませんので、同じように仕事をする社長が比較的失敗をしない傾向にあると感じております。

中小企業の社長は、全従業員の中でもトップを誇る成績を上げてこその社長ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

社長が浪費家である

次に、「社長が浪費家である」という最悪のケースについて説明していきます。

『社長』という肩書きは、お金を持っていてなおかつセレブなイメージがあるのは私だけでしょうか?

おそらく世の中のイメージも私と同じだとは思いますが、高級車を乗り回し、高級腕時計を見せびらかすように付けている社長は世の中にたくさん存在します。

更に、回っていない寿司屋で食事をし、いかにも高そうなステーキ屋などにこまめに通う社長は相当な浪費家です。

自分一人や社長の奥さんと行くならまだしも、大概の浪費家の社長は、キャバクラやクラブのお姉ちゃんを連れて高級な場所へ行き、その後に同伴でお店に行くなんてケースもごく普通の行動です。

こんな社長は失敗への階段を降りているに違いありませんね。

 

確かに自分で稼いだお金かもしれませんが、それはプライベートでおこなう行為であり、従業員や下請け業者に絶対に見られないようにするべきです。

会社経営には絶対と言っていいほど大きな波があります。資金がある会社や財産のある社長は別ですが、資金が厳しくなった途端に従業員の給与カットやボーナスカットなどをすると従業員はおもしろくありませんし、モチベーションも上がりません。

『社長は高級車を乗り回しているのに、自分たちの給料はカットされた』なんてことがあってはその会社に未来はありません。

 

社長がオブジェ化している

続いては、「社長がオブジェ化している」ということについて説明していきます。

社長自身の営業力はあるのか?新しい戦略や企画力はあるのか?会社経営には実際のところ、これが一番大事なことです。

会社の社長は、企業のトップですから常に社内で一番の存在でいなくてはなりません。

社長がいなくても回る会社はとても理想の会社ですが、これは想像の中で留めておけばいい話です。大企業になれば、仕事のできる従業員たちが勝手に成績を上げてくれる状況も夢ではありません。

社長が仕事を取ってくるから下の従業員は社長の背中を見て成長していきますし、社長が想像以上の企画をしてくるから従業員もそれ以上の企画を準備しようとするのです。

常に一歩先を進む、存在感の強い社長でないと成功という未来は来ないと思った方がいいでしょう。

 

まとめ

他人の失敗を理解することが成功への近道!

以上が、「倒産する社長は仕事をしない!会社経営に失敗する社長の3つの共通点」になります。

いかがでしたか?業績が下降気味の経営者は何か思い当たる節があるのではないでしょうか?また、業績が下降気味の会社で働いている従業員の方は、自分の会社の社長がこのような共通点に合致していませんか?

 

これから起業を考えている方は、絶対と言ってもいいほど他人の失敗を早めに見て理解した方が得策と言えます。会社経営に立ちはだかる壁は、知らない事が起きるから怖いだけであって、理解した上で訪れる壁はいくらでも乗り越えることが可能です。

失敗する社長の共通点は、やはり誰が考えても理解できるダメな社長の行動です。

 

今まで見た事のないような潔白な経営者を目指していけば、少なからず成功への近道となるでしょう。失敗したいと思って会社経営をしている社長はこの世に存在しませんから、誰もが認める成功者になれるように頑張っていきましょう。

 

この記事を読んで頂いた方はコチラの記事も読まれております
成功する社長と失敗する社長の5つの違い!周りが一番分かっていた!

会社生存率とは?中小企業は設立から10年で倒産する確率90%超!

『即日融資』いざという時に経営者に役立つ3つの資金調達方法

良い人材を募集したい!ハローワークからの雇用を勧めない理由

起業して成功しそうな事業の種類まとめ【2016年最新版】

 

スポンサーリンク