個人事業主として起業する際や、法人登記をして起業する際などに必要なのが、「本店住所」「電話番号」になります。

最近では、事務所等を借りずに小さく事業を行うフリーランスの方も増えていますが、賃貸の不動産物件では個人事業主の開業届や法人登記を認めてもらえない場合もあります。

そこで今回は、自宅などの賃貸物件で個人事業主の開業届、法人登記が難しい時の『バーチャルオフィス活用法』をご紹介していきますので是非ご覧ください。

賃貸の不動産物件では、個人事業主の開業届や法人登記が出来ない場合もあるので注意!

賃貸の不動産物件は注意が必要!

 

まず初めに、自宅等で借りている賃貸の不動産物件で、個人事業主の開業届や法人登記をしようと考えている方は注意が必要です。

というのも、基本的に自宅として借りるアパートやマンションなどの賃貸物件は、あくまで「居住用」ですので、事業をやること自体が認められていない場合がほとんどです。

 

例えば、自宅でエステやネイルサロンを開業する際や、フリーランスとして自宅を事務所兼用にする際などが挙げられます。

 

当然ながら、近隣の方は居住用としてアパートやマンションに住んでいるわけですから、顧客の出入りが頻繁だと迷惑にもなります。

また、もし仮に無断で個人事業主の開業届や法人登記をしてしまった場合、最悪「損害賠償」などに発展してしまう可能性もありますので、事前に不動産会社に相談しておくことをオススメ致します。

 

最近では、住所や電話番号をレンタルすることが出来る『バーチャルオフィス』というシステムがありますので、個人事業主の開業届や法人登記が出来ずに悩んでいる方には非常におすすめです。

 

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは?

 

では、『バーチャルオフィス』とは一体どういうものなのか?ということについてご説明していきます。

 

『バーチャルオフィス』とは、簡単に言えば事務所を借りるというわけではなく、あくまで住所や電話番号を借りるというイメージです。

また、荷物の受け取り代行や、共有FAXなどを提供しているバーチャルオフィスもありますので、代表者一人で起業する際などに向いています。

 

起業時は、やはり色々なことに資金がかかり、事務所を借りる予算を取れないという方も多いかと思います。

 

しかし、バーチャルオフィスを利用することで、賃貸事務所の初期費用等を安く済ませることが出来ますので、起業資金を最低限に抑えたいという方におすすめです。

日本最大級のバーチャルオフィスはコチラ>>>SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス

 

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

バーチャルオフィスのメリット、デメリット

 

ではここからは、バーチャルオフィスのメリットとデメリットについて掲載していきます。

 

前項でもご説明しましたが、バーチャルオフィスは月額数千円程度で借りることが出来ますので、非常に安く住所や電話番号を準備することが可能です。

しかし、それ故に取引先との信用問題であったり、創業融資や社会保険の加入などができない場合もあるようですので、決して良いことばかりではありません。

 

バーチャルオフィスの「メリット」

・個人事業主の開業届や法人登記に記載する住所を確保できる

・事業を運営していく際の電話番号が確保できる(転送できるバーチャルオフィスもある)

・荷物の受け取りを代行してもらえる

・FAXを利用することができる(共有)

・起業時の開業資金を安く済ませることができる

・個人事業主の場合に、自宅を特定される可能性が減る

 

バーチャルオフィスの「デメリット」

・取引先の信用問題に欠ける

・法人の銀行口座が開設できない場合がある

・社会保険や雇用保険の申請が困難

・派遣業や古物商などの許認可が取得できない場合がある

・金融機関から融資を受けるのが困難

・他社と住所が重複し、取引先に困惑させてしまう危険性がある

 

まとめ

以上が、賃貸物件で開業届、法人登記が難しい時のバーチャルオフィス活用法!になります。

まとめになりますが、バーチャルオフィスはメリットもたくさんありますが、デメリットも同じくらいあります。

特に、詐欺グループ等がバーチャルオフィスを利用しているケースもあるようですので、どちらかと言えばマイナス傾向に取られる場合もあります。

 

しかし、それでも数多くの企業がバーチャルオフィスを利用していますので、安心して利用出来ることは間違いありません。

今後起業を考えてはいるけど、最初のうちは小さく起業したいという時などには、今回ご紹介したバーチャルオフィスがおすすめですので、興味のある方は是非下記リンクをご覧になってください。

日本最大級のバーチャルオフィスはコチラ>>>SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス