年会費無料の法人クレジットカードをおすすめ出来ない決定的な理由

年会費無料の法人クレジットカードをおすすめ出来ない決定的な理由

スポンサーリンク

本記事では、年会費無料の法人クレジットカードをおすすめ出来ない決定的な理由についてまとめています。

当然ながらクレジットカードの年会費は毎年発生する固定経費となりますので、安ければ安いほど良いです。

しかし、年会費無料の法人クレジットカードには裏があり、実は損をしてしまう可能性がありますので、発行前に必ず確認しておきましょう。

年会費無料の法人クレジットカードをおすすめしない理由

法人クレジットカードを発行する際に、年会費の有無は一つの指標になります。

年会費は毎年必ず発生する固定経費ですので、なければないほど良いはずです。むしろ経費削減という意味では、年会費無料の法人クレジットカードを選択するべきです。

しかし、目的次第では年会費無料の法人クレジットカードはおすすめ出来ないと断言しても良い理由があります。

 

年会費無料と有料の違いは付帯保険の有無

年会費無料と有料の法人クレジットカードの違いは、付帯保険にあります。

基本的に年会費無料の法人クレジットカードには、国内旅行や海外旅行時の付帯保険が付かないものがほとんどです。

逆に言えば、「年会費=保険料」と考えれば分かりやすいですね。

例えば、三井住友ビジネスカードforOwnersの年会費は、クラシックカードで1,250円+税、ゴールドカードなら10,000円+税ですが、それぞれ傷害保険が付帯されます。

 

三井住友ビジネスカードforOwnersの年会費と付帯保険の比較

比較 クラシック ゴールド
年会費 1,250円+税 10,000円+税
付帯保険 最高2,000万円の
海外旅行傷害保険
最高5,000万円の
海外・国内旅行傷害保険
利用枠 原則
10万円〜150万円
原則
50万円〜300万円

※クラシックカードの場合、事前に旅費をクレジット決済する必要があります。

 

クラシックカードなら年間1,250円+税で最高2,000万円の保険に加入、ゴールドカードなら年間10,000円+税で最高5,000万円の保険に加入しているイメージです。

しかし、年会費無料の法人クレジットカードにはこれら保険が付帯されません。

特に国内、海外出張の多い方には、旅行傷害保険はあった方が良いので、必ずしも年会費無料の法人クレジットカードがおすすめとは言えません。

 

年会費は経費として計上できる

法人クレジットカードの年会費は、経費として計上することが可能です。

法人の場合は当然、個人事業主の場合も、事業用の法人クレジットカードであれば経費として認められます。

ちなみに、経費科目は「支払い手数料」で計上するのが無難のようです。

しかし、あくまで事業用として使用するクレジットカードのみ年会費が計上できますので、私用目的のクレジットカードにおける年会費の計上は出来ません。

特に注意しておきたいのは、個人事業主のクレジットカードの年会費です。

個人事業主は事業用と私用の判断が難しい時がありますので、既に利用している個人のクレジットカードを利用するのではなく、新たに事業用の法人クレジットカードを発行することをおすすめします。

最近は個人事業主でも発行できる法人クレジットカードがありますので、一度検討してみるのもありですね。

 

年会費無料の法人クレジットカードはサブカードにおすすめ

では、年会費無料の法人クレジットカードを発行するケースは一体どういうときなのか?

これはあくまで私個人的な考えになってしまうのですが、年会費無料の法人クレジットカードはサブカードとして利用するのが良いと思います。

メインで利用する法人クレジットカードは、経営者本人が所有し、付帯保険やその他サービスが充実した年会費が有料のクレジットカードを発行する。

事務用品の決済や、社用車等のガソリン代、ETCカード代など、従業員用に使用させる為にサブカードを発行することで、透明性や利便性が図れます。

 

年会費無料のおすすめ法人クレジットカード

ライフカードビジネスライト比較
比較 スタンダード ゴールド
年会費 永年無料 10,000円
初年度無料
発行対象 法人代表者
個人事業主
法人代表者
個人事業主
付帯保険 なし 海外旅行損害保険
国内旅行損害保険
シートベルト損害保険
空港ラウンジ なし 国内主要空港
ポイント なし 1,000円につき1P
ショッピング枠 最大200万円 最大200万円
WEB明細 対応 対応
分割・リボ払い 可能 可能
キャッシング なし なし
従業員カード 最大3枚まで 最大3枚まで
ETCカード 最大1枚まで 最大1枚まで

 

年会費有料のおすすめ法人クレジットカード

クラシック・ゴールド・プラチナの比較
項目 クラシック ゴールド プラチナ
年会費 1,250円
(税抜)
10,000円
(税抜)
50,000円
(税抜)
年会費
(追加カード)
1名に付き
400円(税抜)
1名に付き
2,000円(税抜)
1名に付き
5,000円(税抜)
利用枠 原則
10万円〜150万円
原則
50万円〜300万円
原則
200万円〜500万円
旅行傷害保険 最高2,000万円の
海外旅行傷害保険
最高5,000万円の
海外・国内旅行傷害保険
最高1億円の
海外旅行傷害保険
分割・リボ払い 可能 可能 可能
キャッシング機能 あり あり あり
ETCカード 複数枚発行可 複数枚発行可 複数枚発行可
空港ラウンジ 不可 国内主要の
空港ラウンジが無料
国内主要の
空港ラウンジが無料

 

まとめ

以上が、年会費無料の法人クレジットカードをおすすめ出来ない決定的な理由になります。

まとめになりますが、年会費無料の法人クレジットカードは保険が付帯されず、有料の法人クレジットカードには充実な保険等が付帯されます。

サブカードとして利用する際には年会無料のものでも良いと思いますが、メインカードとして利用する際には傷害保険や各種サービスが充実したクレジットカードを選ぶようにしましょう。

あわせて読んでほしい記事▼
「法人名義のクレジットカード」を所有すべき理由と審査が通りにくい理由
法人クレジットカードでプラチナカードを選ぶ理由【ステータス目的以外】
クレジットカードの選び方!法人や個人事業主は何を基準で選べば良い?

SNSボタンからシェアお願いします♪