ファクタリングとは?中小企業が利用するメリットや利用時の注意点まとめ

ファクタリングとは?中小企業が利用するメリットや利用時の注意点まとめ

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎です。

さて本記事では、中小企業の資金調達に役立つ「ファクタリング」についてまとめています。

主に、ファクタリングの種類や中小企業が利用するメリット、利用時の注意点などを詳しく解説していますので、是非参考にしてくださいね。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金を売却し現金に換える制度のことを意味します。

日本では企業間取引に売掛制度を実施するのが一般的ですが、いわゆる信用取引ですね。

しかしながら、支払いの前に商品を納品する為、入金が後になることで資金繰りが困難となることも多々あります。

特にGWや年末年始等の長期休暇があるシーズンは、顧客から入金される前に取引先に支払いをする機会が増える為、資金繰りが困難となる場合も見受けられます。

また銀行融資とは異なり、担保や保証人が不要であることや、借入金ではなくあくまで売買となるため負債にならないこともファクタリングのメリットです。

\10秒でわかる簡単無料診断/

ファクタリングの種類

ファクタリングの種類には「買取型ファクタリング」と「保証型ファクタリング」があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

また「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」では、手数料や最大買取額が異なりますが、こちらもそれぞれにメリットやデメリットが存在します。

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの違い

まずは、「買取型ファクタリング」と「保証型ファクタリング」の違いを解説していきます。

買取型ファクタリングは、その名の通り売掛金を売却し、最短当日に現金に換えることができる資金調達法です。

主に、ファクタリング専門の会社が取り扱っていることが多い印象です。

次に、保証型ファクタリングは、資金調達を目的としていなく、取引先の倒産や売掛金が回収できなくなった場合に保証金を支払ってくれる仕組みです。

分かりやすく例えると、賃貸物件を借りる際に保証会社を通すケースが多いと思いますが、単純に入居者が家賃の支払いが出来ないと判断された場合に、保証会社が代わりに支払ってくれる制度に似ています。

主に、大手銀行系の会社が取り扱っていることが多く、保険のようなサービスと考えると更に分かりやすいですね。

ですので、買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの違いは、現金が入金されるタイミングの違いと覚えておきましょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

続いて、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の違いを解説していきます。

2社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社の2社間で売買契約をするものです。

2社間ファクタリング

画像引用元:ファクタープラン

クライアントに知られることなく、素早いスケジュールで資金調達が出来ますが、その代わりファクタリング会社に支払う手数料が高く、最大買取額もやや低くなります。

次に、3社間ファクタリングは、自社と顧客、ファクタリング会社の3社間で売買契約をするものです。

3社間ファクタリング

画像引用元:ファクタープラン

売掛先の顧客から、直接ファクタリング会社に支払われることが一般的で、2社間ファクタリングに比べて手数料を安く済ませることが出来ます。

ただし、3社間で合意する際の段取りや資料の作成等に時間を要する為、2社間ファクタリングに比べて入金までの日数が掛かってしまうデメリットもあります。

\10秒でわかる簡単無料診断/

中小企業がファクタリングを利用するメリット

ではここからは、中小企業がファクタリングを利用するメリットをご紹介していきます。

ファクタリングのメリット

  1. 最短即日現金化
  2. 担保、保証人が不要
  3. 売掛金の売買になるため負債にならない

上述したように、ファクタリングの中でも2社間ファクタリングは、最短当日には現金化することが出来ますので、いざという時には非常に便利な資金調達法です。

基本的には、計画的に資金繰りをしていくので早急に現金が必要となる機会は少ないと思いますが、それでも顧客からの入金が遅れたりする場合も考えられますので、そういった時には金融機関の融資を利用するよりも格段にスピードが早いのがメリットです。

また金融機関の融資のように、保証協会を付けることもなければ、担保や保証人を付ける必要がありません。

売掛金がある場合に限り、対象となる売掛先の審査を行い売買契約をすることになりますので、面倒な手続きがないのもメリットです。

そして、ファクタリングで得た資金は、借入金ではありませんので負債とはなりません。

あくまで償還請求の譲渡(売買)になる為、決算書上も負債扱いになることがないので、こちらも中小企業にとってはメリットとなります。

中小企業がファクタリングを利用する際の注意点

では続いて、中小企業がファクタリングを利用する際の注意点を解説していきます。

ファクタリング利用時の注意点

  1. 無理のないご利用を心掛ける
  2. ファクタリングと称した闇金業社に注意
  3. 必ず顧問弁護士等に相談してから契約する

ファクタリングは売掛金を売却することが前提となる為、利用できる可能性が非常に高いです。

しかし、ファクタリングを利用したとしても入金サイクルを早めるだけなので、根本的な入金額を増やす為の改善(売上の増加や経費の削減)をしていかなければ全く意味がありません。必ず無理のないご利用を心掛けて、ファクタリングを利用しましょう。

また、近年悪質な闇金業者が多く、ファクタリング業者を装って高い金利で中小企業に融資する闇金業者も存在するようです。必ず信頼のあるファクタリング会社を利用するように、注意してファクタリング会社を選びましょう。

そして、初めてファクタリングを利用する際には、出来る限り弁護士に相談する、あるいは顧問弁護士がいる場合には調査して頂いた上でファクタリングを利用することをおすすめします。

特に売買契約書には専門的な内容も記載されている為、素人では理解出来ない文章もあるはずです。必ず最初の取引時には専門家に相談の上、売買契約することをおすすめします。

中小企業がファクタリング会社を選ぶ際のポイント

では続いて、中小企業がファクタリング会社を選ぶ際のポイントを解説していきます。

選ぶ際のポイント

  1. 手数料を確認する
  2. 入金日を確認する
  3. 支払日を確認する

初めてファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社の手数料、入金日、支払日を必ず確認した上でファクタリング会社を選んでいきましょう。

中には手数料が高額であったり、入金日や支払日を把握していなかったせいでファクタリングを利用する意味がなかったと後悔する場合も考えられます。

また2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは最大買取額が異なるため、想像していたよりも入金額が少ないと感じる場合もあります。

すぐに現金を用意しなくてはならない時こそ、冷静にファクタリング会社を選んでいきましょうね。

管理人おすすめのファクタリング会社

管理人おすすめのファクタリング会社

では最後に、管理人おすすめのファクタリング会社をご紹介していきます。

初めてファクタリングを利用する中小企業の経営者の方には、株式会社ワイズコーポレーションが提供する「ファクタープラン」がおすすめです。

ファクタープランは「買取型ファクタリング」に分類し、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのいずれかから選択可能です。

また2社間ファクタリングの場合には手数料が5%〜、3社間ファクタリングの場合には3%〜の手数料となります。

最短5時間で現金化することが可能で、法人だけでなく個人事業主の利用も可能です。

公式ページでは、10秒でわかる簡単無料診断が設置されていますので、ファクタリングをご希望の方はまずは無料診断で確認してみましょう。

やはり会社経営にとって資金繰りは非常に重要なことですし、金融機関に融資を断られた際にも利用出来る可能性がありますので、諦める前にまずは行動に移すことをおすすめします。

\10秒でわかる簡単無料診断/

SNSボタンからシェアお願いします♪