日本政策金融公庫の融資体験談はこちら

持続化給付金第2弾の支給がほぼ決定!給付額や給付条件、前回との違いなど解説

持続化給付金第2弾の支給がほぼ決定!給付額や給付条件、前回との違いなど解説

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@askigyou)です。

さて、事業者向けの給付制度「持続化給付金第2弾」がほぼ決定しましたので、給付額や給付条件、前回の持続化給付金との違いなどを解説して参ります。

前回よりも半分程度の給付額になりそうですが、給付要件も緩和される予定です。

注意
2021年11月12日時点の情報です。正式に決定されたわけではありませんのでご注意ください。
2021年11月25日追記

持続化給付金第2弾ではなく、「事業復活支援金」という名称でほぼ確定のようです。

詳しくは以下リンクにて解説していますので是非ご覧ください。

「持続化給付金第2弾」改め「事業復活支援金」がほぼ確定!最大250万円給付 「持続化給付金第2弾」改め「事業復活支援金」がほぼ確定!最大250万円給付

持続化給付金第2弾の給付額や給付条件

持続化給付金第2弾(正式名称ではない)の給付額は、中小法人で最大250万円個人事業者で最大50万円ということが分かりました。

  • 年商5億円以上の中小法人:最大250万円
  • 年商1億円未満の中小法人:最大100万円
  • 個人事業者:最大50万円

給付条件は、2021年11月〜3月のいずれかの対象月が、2年前の同月と比較して50%以上減少した事業者だけでなく、30%以上減少した事業者にも支給されるそうです。

ただし、50%以上減少した場合と、30%〜50%未満減少した場合で給付額が異なる可能性もありますが、この辺りは現在調整中とのことです。

また、持続化給付金第2弾においては、地域、業種を問わず対象となる方向です。

参考 最大で250万円支給へ 中小企業向けの新たな給付金の具体案判明NHK

持続化給付金第2弾の給付時期は2022年1月以降

持続化給付金第2弾の給付時期は、2022年1月以降になる見込みです。

というのも、2021年11月19日に新型コロナ経済対策が閣議決定される予定で、その後12月の臨時国会で補正予算が成立、及び決定される為、年内の給付は難しいと考えます。

早ければ2022年1月中には給付が開始される可能性もあると思いますが、おそらく2月以降にずれ込む可能性も十分あり得るかと…。

やはり2020年に実施された持続化給付金や、家賃支援給付金で不正受給や自主返還が多かった為、第2弾に関しては月次支援金のような「登録確認機関による事前確認」が必須となる可能性が高いと言えます。

個人的には、月次支援金で請け負ったデロイト・トーマツがノウハウもあると思うので、月次支援金に続き担当となれば早い給付も見込めるかと。(中には4ヶ月以上給付されていない事業者もいますが。)

月次支援金の入金目安はどれくらい?制度の詳細や管理人の入金状況などを解説月次支援金の入金目安はどれくらい?制度の詳細や管理人の入金状況などを解説

2020年に支給された持続化給付金第1弾との違い

持続化給付金第2弾と、2020年に支給された持続化給付金第1弾の違いは、以下になります。

第1弾第2弾
給付額(中小法人)最大200万円年商5億以上:最大250万円
年商1億未満:最大100万円
給付額(個人)最大100万円最大50万円

岸田首相は『前回の持続化給付金並み』という言葉を使っていましたが、実際には半分程度の給付額です。

あくまで月次支援金の延長にしか過ぎず、一括で5ヶ月分給付されるようなイメージでしょう。

月次支援金は10月分で打ち切りになっていますので、逆に言えば2022年3月までは事業者向けの給付金はないということが伺えますね。

もちろん今後感染が再拡大されれば話は別だと思いますが…。

【新型コロナウイルス】持続化給付金「初日申請組」の入金体験談【個人事業主】【新型コロナウイルス】持続化給付金「初日申請組」の入金体験談【個人事業主】

まとめ

まとめになりますが、持続化給付金第2弾(正式名称ではない)が支給されることは、ほぼ確定です。

内容こそ変わる可能性はありますが、11月中、遅くとも12月中には正式に決定されますので、政府の決定情報を期待して待ちましょう。

しかし、どうなんでしょうね…。18歳以下に支給される現金5万円やクーポン5万円分、マイナポイント2万円分や困窮者への支援など、Twitterなどを見ていると納得されていない方のほうが圧倒的に多いですよね…。

私個人的には、とりあえず全国民に一律10万円を支給したほうが文句も出ないと思いますが(笑)

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

注意
2021年11月12日時点の情報です。正式に決定されたわけではありませんのでご注意ください。
「持続化給付金第2弾」改め「事業復活支援金」がほぼ確定!最大250万円給付「持続化給付金第2弾」改め「事業復活支援金」がほぼ確定!最大250万円給付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください