日本政策金融公庫の融資体験談はこちら

令和2年分(2021年3月)の確定申告で注意すべきこと!個人事業主は特に注意

令和2年分(2021年3月)の確定申告で注意すべきこと!個人事業主は特に注意

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@askigyou)です。

さて本記事では、令和2年分(2021年3月)の確定申告で注意すべきことについて解説しています。

法人の場合は会計事務所を通じて処理すると思いますので、特に個人事業主やフリーランスの方は注意が必要です。

個人事業主の確定申告「やよいの青色申告オンライン」と「freee」どちらがおすすめ?個人事業主の確定申告「やよいの青色申告オンライン」と「freee」どちらがおすすめ?

令和2年分(2021年3月に申告)確定申告の期間

令和2年分の確定申告の期間は、以下になります。

令和3年(2021年)2月16日〜3月15日

※2020年1月1日〜12月31日までの収入が対象

地域によっては期間を拡大している場合もありますので、詳しくは管轄の税務署にてご確認ください。

2020年は、新型コロナウイルス関連の給付金等もあり、計上が必要なもの(課税対象)と計上が不要なもの(非課税)がありますので注意が必要です。

また、個人事業主だけでなく、サラリーマンの方も年間50万円以上の一時所得がある場合には、確定申告をする必要がありますのでご注意ください。

新型コロナ関連で得た給付金等の中で、計上が必要なものと不要なもの

2020年は、国民一律給付の特別定額給付金や、事業者に対する給付金の持続化給付金、家賃支援給付金など、多数課税対象となるものがあります。

基本的に課税対象となるものについては、確定申告の際にきちんと申告し、相応の税金を納める義務があります。

今年初めて確定申告をする方は、特に間違いのないようご注意ください。

計上が必要なもの(課税)

  • 持続化給付金
  • 家賃支援給付金
  • 都道府県の休業・時短要請協力金
  • 雇用調整助成金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • キャッシュレス還元等のキャッシュバック
  • マイナポイント
  • GoToキャンペーン
  • 地域共通クーポン
  • その他補助金等

ご覧の通り、新型コロナ関連で得た給付金は、基本的に課税対象となります。

持続化給付金や家賃支援給付金においては、様々なメディアで取り上げられていますのでご存知の方も多いと思いますが、GoToキャンペーンや地域共通クーポンも課税対象となることを忘れずに…。

とは言え、GoToキャンペーンを一度や二度使った程度ではそこまでの額にはなりませんが、中には事業用で利用した方もいると思います。

例えば、ビジネスホテルの宿泊代、研修旅行という名のプライベート旅行など、全て金額がズレることなく計上することをおすすめします。

また、会計ソフト等での勘定科目においては、「雑収入」で問題ないようですが、備考欄に詳細が分かるように記載しておくと尚良いそうです。

MEMO
記載例:GoToキャンペーン(◯/◯利用分)、持続化給付金などなど

計上が不要なもの(非課税)

  • 特別定額給付金
  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金

国民一律10万円の特別定額給付金は、非課税となりますので計上する必要はありません。

また、緊急小口資金や総合支援資金においても、個人を対象とした貸付となりますので計上する必要はありません。

とは言っても、個人事業主やフリーランスの場合、同一の口座で管理していることがあると思いますが、そんな時は以下のように処理をすれば問題ないそうです。

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
普通預金100,000円事業主貸100,000円特別定額給付金

融資の記載も忘れずに

確定申告をする際には、融資の記載も忘れずに行うようにしましょう。

ただし、事業用で借り入れたものに限ります。個人の生活費のために借り入れたローンなどは対象外です。

  • 日本政策金融公庫や銀行などからの事業用借入は【必要】
  • 個人の生活費等のために借り入れたローンは【不要】
  • 緊急小口資金や総合支援資金は【不要】

ちなみにですが、借入の返済を経費計上することはできません。

そもそも入金されているものですので、正しくは「負債」から返済額を差し引いていく形です。

また、利息においては経費対象となるため、確定申告時に計上することができます。

こちらに関しては、以下サイトにて詳しく解説されていますので、是非ご参考ください。

参考 確定申告で借入金はどう扱う?経費にできないってホント?ビマケ

個人事業主の確定申告は「やよいの青色申告オンライン」がおすすめ

個人事業主やフリーランスの方の確定申告は、「やよいの青色申告オンライン」がおすすめです。

私自身も普段から利用していますが、入力等の操作性がとても簡単で便利なツールです。

また、クラウドタイプなので、パソコンからもスマホやタブレットからも入力作業ができます。

インストール型だとWindowsのパソコンが必要だとか色々面倒ですが、やよいの青色申告オンラインなら、場所を選ばずに手軽に青色申告を済ませることができます。

ちなみに、ものすごい雑に言いますが、アナウンス通りに入力するだけで、青色申告の提出書類が簡単に出来上がります(笑)

本当に簡単です…!

初めてご利用する方は、初年度無料で、以降翌年からは年額8,800円(税込)で利用できますので、他社よりもコストが安いのも魅力です。

ご興味のある方は、一度公式サイトをご覧になってくださいね!

公式サイトはこちら▼
やよいの青色申告オンライン

まとめ

まとめになりますが、令和2年度分の確定申告は、新型コロナウイルス関連の給付金もあり、計上漏れがないようご注意ください。

特にコロナ関連の給付金は、政府がいやいや出したお金ですので、不正受給や申告漏れには非常に敏感に反応することが考えられます。

確定申告が始まる前に言うのもなんですが、今年の夏くらいにはニュースで取り上げられることも多々出て来ると思いますよ…。

まだ期間はありますが、確定申告は期日内に早めに済ませるようにしましょう!

公式サイトはこちら▼
やよいの青色申告オンライン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください