「法人名義のクレジットカード」を所有すべき理由と審査が通りにくい理由

会社経営者が法人名義のクレジットカードを所有した方が良い理由と審査が厳しい理由

スポンサーリンク

世の中の会社経営者は、基本的にクレジットカードの審査や各種ローンが通りにくいと言われています。

その理由としては、経営している「会社の業績」と「経営者の収入」が比例しているからです。

しかし、その審査の通りにくい環境下であっても、貴重な資金源になる「法人名義のクレジットカード」は、何としてでも審査を通して持つべきであると私は経験論から感じています。

そこで今回は、会社経営者が「法人名義のクレジットカード」を所有するべき理由や、クレジットカードの審査が通りにくい理由など、詳しく掲載していきますので是非ご覧ください。

会社経営者が「法人名義のクレジットカード」を所有した方が良い理由

会社経営者が法人名義のクレジットカードを所有した方が良い理由

まず最初に、会社経営者が「法人名義のクレジットカード」を所有した方が良い理由についてご説明していきます。

そもそもなぜ法人名義のクレジットカードを作った方が良いのでしょうか?

 

『別に現金で精算すればいいじゃないか』

『俺は現金主義だ!』

 

そうです!その通りです!

現金があるなら、都度現金で精算すればいいので法人名義のクレジットカードを発行する必要性は全くありません。

 

 

でも違うんです。

問題は、手元に現金があるかないかではないのです。

 

起業間もない会社経営者にとっては、「現金」はそれ以上にないほど信用のあるパートナーです。

人間は裏切りますが、「現金」は絶対に裏切りません。

 

そして、会社の支払いや納税は基本的に現金のみですので、「クレジットカード」で支払いが出来ない事は誰でも分かっていることだと思います。

経営者は1日単位、下手したら1時間単位の現金の移動で、会社経営に大きな影響を与える可能性があります。

もし仮に、手元に現金がなくなってしまった場合、「クレジットカード」さえ持っていれば、いざという時にとりあえず食事は出来ますよね?

むしろ、クレジットカードの「キャッシング機能」を使えば現金を引き出すことも可能です。

会社経営者にとって、法人名義のクレジットカードは、いざという時の保険のようなものですので、法人名義のクレジットカードが作れる状況になった場合は、とりあえず作っておいた方が後々役立つ時が来るのです。

 

例えば、経費をクレジットカードで管理することにより、従業員にお金を持って逃げられる可能性が大幅に減少します。

また、営業車を所有している会社にとっては、高速道路を利用した際の「ETCカード」も作る事ができますので経費削減にも適しています。

 

理想としては、

  • 社長専用のクレジットカード
  • 会社経営に関する経費を支払う専用のクレジットカード
  • 燃料代やETCカードを含む、交通費専用のクレジットカード

上記3種類に分けて、法人名義のクレジットカードを所有するのが理想です。

 

あくまで、中小企業の会社に推奨する法人名義のクレジットカードを所有する種類ですが、できる限りそれぞれ違うクレジットカード会社で所有するのが秘訣です。

中には、一つのクレジットカード会社で複数枚のカードを発行することができますが、限度額が制限されてしまいますので、何かと不便に感じてしまうことがあります。

 

会社経営者が「法人名義のクレジットカード」を作る際に審査が厳しい理由

会社経営者が法人名義のクレジットカードの審査が厳しい理由

 

では次に、会社経営者が「法人名義のクレジットカード」を作る際に審査が厳しい理由についてご説明していきます。

会社経営者にとって「法人名義のクレジットカード」を所有した方が良いという事は十分ご理解頂けたと思いますが、現実はそう甘くありません。

個人のクレジットカードの審査とは違い、法人名義のクレジットカードの審査は極めて厳しいのが現実です。

大手企業に勤めているサラリーマンや、公務員などは年収が極端に低くても審査に通りますが、法人名義はそもそもの審査基準が異なります。

 

あくまで目安ですが、起業して1年目の会社組織が「法人名義のクレジットカード」の審査に通る確率はほぼ0%と言っても過言ではありません。

おおよそ、会社設立から2年〜3年程度経過していることが前提で審査が通ると言われています。

 

事実、私も起業1年経たないくらいの時に法人名義のクレジットカードを申し込んだ際には、審査が通らなかった経験もあります。

 

法人名義のクレジットカードの審査基準は、公で公表されているわけではありませんので正解はありませんが、中には会社設立1年目から審査に通るケースもあるでしょうし、会社設立から5年経過しているのにも関わらず審査が通らない会社も存在するようです。

 

「法人名義のクレジットカード」の審査を通しやすくする秘訣

法人名義のクレジットカードの審査を通す秘訣

続いて、「法人名義のクレジットカード」の審査を通しやすくする秘訣についてご説明していきます。

あくまで私が個人的に知り得た情報ですので参考までにしてください。

 

法人名義のクレジットカードの審査を通しやすくする秘訣としては、

  • 一度に2社以上の申し込みをしない
  • 代表者個人の借入をゼロにしておく
  • 金融機関系のクレジットカードを申し込む

上記3つの項目に分けて、それぞれ解説していきます。

 

一度に2社以上の申込みをしない

まず最初に、法人名義のクレジットカードの審査を通しやすくする秘訣として、「一度に2社以上の申し込みをしない」という事について解説していきます。

 

現代社会では、クレジットカードの申し込みをする際に、インターネットから申込みをするのが主流です。

しかし、それを良いことに一度に複数のクレジットカード会社に申込みをする方がいるようですが、これは絶対にやってはいけない行為です。

クレジットカードの申し込みは、申込みをしたという情報が特定の機関に記録されるようですので、一度に数社のクレジット会社に申込みをすると、逆に怪しまれて審査が通らないことがあるようです。

法人名義のクレジットカードを申込みする際には、1社ずつ申込みをして、審査の結果が届いてから他のクレジットカード会社に申し込みをするようにしましょう。

 

代表者個人の借入をゼロにしておく

次に、法人名義のクレジットカードの審査を通しやすくする秘訣として、「代表者個人の借入をゼロにしておく」という事について解説していきます。

 

自動車のローンや、消費者金融などの借入記録は、しっかりとデータとして残されていますので、申し込みをしたクレジットカード会社はそれらの情報を閲覧することができます。

そして、その代表者個人の借入状況が、法人名義のクレジットカードの審査基準に非常に影響を与えるものだということが分かっていますので、法人名義のクレジットカードの審査を通す際には、代表者個人の自動車ローンや、特に消費者金融の借入はゼロにした状態で申し込んだ方が通りやすいと言われています。

 

金融機関系のクレジットカードを申し込む

そして、3つ目の法人名義のクレジットカードの審査を通しやすくする秘訣として、「金融機関系のクレジットカードを申し込む」という事について解説していきます。

 

ほとんどの銀行などの金融機関は、クレジットカード会社と提携した独自のクレジットカードを持っています。

もちろん、大元はクレジットカード会社ですが、金融機関が代理店となってクレジットカードの発行をすすめているイメージです。

中には、担当の銀行員などにお願いして、クレジットカードの審査が通るように促すことで、審査を通りやすくすることも出来るようですが真相は分かりません。

しかし、比較的金融機関系のクレジットカードは審査が通りやすいという噂がありますので、過去に審査が通らなかった経験をお持ちの方は、メインバンクになっている金融機関のクレジットカードを申し込んでみると良いかもしれません。

 

おすすめの「法人クレジットカード」

おすすめの法人名義のクレジットカード

ではここからは、法人名義のクレジットカードにおいて、過去に審査に落ちた方や不安な方におすすめの「法人クレジットカード」をご紹介していきます。

今回ご紹介する法人クレジットカードは、

  1. ライフカードビジネスライト
  2. 三井住友ビジネスカードfor Owners

上記2種類です。

これら法人クレジットカードは、起業間もない法人や法人代表者、あるいは個人事業主に特化したクレジットカードとなっていますので、審査が通りやすいということではありませんが、申し込む価値のあるカードとなっています。

 

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライト1

ライフカードビジネスライトの特徴は、下記になります。

  1. 起業間もない法人や法人代表者、個人事業主にオススメの法人カード
  2. 申し込みに必要な書類が代表者の確認資料のみ
  3. 申し込みは全てWEB上で完結し、最短4営業日で発行される
  4. 追加カードが年会費無料で発行できる
  5. ETCカードが年会費無料で発行できる

やはり事業用ですので、追加カードやETCカードの年会費が無料なのは、非常に大きなことです。

ただし、キャッシング機能は付いていませんのでご注意ください。

ライフカードビジネスライト2
比較 スタンダード ゴールド
年会費 永年無料 10,000円
初年度無料
年会費
(追加カード)
3枚まで
年会費無料
3枚まで
年会費無料
利用枠 最大200万円 最大200万円
付帯保険 最高1億円の
海外・国内旅行傷害保険
最高1億円の
海外・国内旅行傷害保険
分割・リボ払い 可能 可能
キャッシング なし なし
ETCカード 1枚まで無料 1枚まで無料
空港ラウンジ 不可 国内主要の
空港ラウンジが無料

 

三井住友ビジネスカードfor Owners

三井住友ビジネスカードforOwners1

三井住友ビジネスカードfor Ownersの特徴は、下記になります。

  1. 起業間もない法人や法人代表者、個人事業主にオススメの法人カード
  2. 申し込み時に登記簿謄本や決算書が不要
  3. 経費管理と事務作業が効率アップ
  4. キャッシュフローの改善に期待できる
  5. 追加カード・ETCカードが複数枚発行可能

ゴールドカード以上になると、旅行傷害保険が充実しています。

またキャッシング機能が付いていますので、国内海外問わず現金を引き出すことが可能です。

三井住友ビジネスカードforOwners2
項目 クラシック ゴールド プラチナ
年会費 1,250円
(税抜)
10,000円
(税抜)
50,000円
(税抜)
年会費
(追加カード)
1名に付き
400円(税抜)
1名に付き
2,000円(税抜)
1名に付き
5,000円(税抜)
利用枠 原則
10万円〜80万円
原則
50万円〜200万円
原則
200万円〜500万円
旅行傷害保険 最高2,000万円の
海外旅行傷害保険
最高5,000万円の
海外・国内旅行傷害保険
最高1億円の
海外旅行傷害保険
分割・リボ払い 可能 可能 可能
キャッシング あり あり あり
ETCカード 複数枚発行可 複数枚発行可 複数枚発行可
空港ラウンジ 不可 国内主要の
空港ラウンジが無料
国内主要の
空港ラウンジが無料

まとめ

以上が、「法人名義のクレジットカード」を所有すべき理由と審査が通りにくい理由になります。

まとめになりますが、会社経営者は法人名義のみならず、個人名義でもクレジットカードの審査を通すことは非常に難しいことです。

会社設立からある程度の年数が経過していれば問題なく審査を通すことができると思いますが、どちらかと言うと起業間もない時の方が実用性はあります。

現金主義の気持ちも分かりますが、会社経営の業績が良いうちに法人名義のクレジットカードを発行しておくことをおすすめ致します。

会社経営者でも「住宅ローン」の審査を通しやすくする3つの秘訣

2016.09.05

新会社や個人事業主でも作れる『法人ETCカード』の作り方・発行までの流れ!

2016.08.10

『即日融資』いざという時に経営者に役立つ3つの資金調達方法

2016.08.07

SNSボタンからシェアお願いします♪