これから起業を考えている方にとって一番の戦略ツールであり、宣伝広告にもなる『名刺』の作り方について掲載していきます。

会社経営を成功させるにあたり、最も重要というべき『名刺』は、何となくで作ってはいけません。

信頼性事業内容の分かりやすさ連絡先の見易さは非常に重要なことですので、名刺を作る際には入念なデザイン構成を考えていく必要があります。

 

そこで今回は、起業準備として『名刺』の作り方について詳しく掲載していきたいと思いますので是非ご覧ください。

名刺のデザインを作る際のポイント

名刺のデザインを作る際のポイント

 

まず最初に、起業準備には欠かせない『名刺』のデザインを作る際のポイントについてご説明していきます。

 

そもそも『名刺』というのは、単なる自己紹介カードではありません。

 

  • どのような事業をしている会社なのか?
  • 会社名は?
  • 担当者名は?
  • 会社の所在地や連絡先は?

 

この4つを、パッと見て分かるデザインに作り込んで行く必要があります。

 

中には、自分の好みでカッコ良いデザインの名刺を作りたがる方がいますが、名刺は自分が見るものではなく渡された方が見るものですので、誰でも分かる名刺のデザインを用意しなくてはなりません。

 

確かに、カッコ良い名刺を作りたい気持ちも分かりますが、そういった考えは起業を成功させる為には不必要なことですので、ここはじっと我慢しましょう。

 

 

では、『どのようなデザインが良いのか?』という話になりますが、この記事を見て頂いた方は大手企業の名刺を拝見したことはありますか?

 

ちなみに私は、起業当時に作った名刺は、大手企業の名刺を見た後に作り変えたという経験を持っていますが、それには大きな理由があります。

 

 

それは、『成功者から学ぶ』ということから来ており、大手企業の名刺のデザインは、しっかりと考え尽くされたデザインになっているからです。

 

 

会社のロゴ会社名担当者名会社の所在地がしっかりと見やすくデザイン構成されており、余計なものは一切省いたシンプルな名刺となっています。

ただし、大手企業になると事業内容はあまり記載していないという傾向にありますので、そこは裏面などにしっかりと記載していく必要があります。

 

さらに、名刺の紙質ですが、こちらも特に変わった紙は使う必要はなく、ごく一般的な「上質紙」を使って印刷していくのが理想です。

 

 

どのようなデザインにするかにもよりますが、最低限おさえておきたいデザインのルールを掲載していきますので参考にしてください。

 

名刺デザインサンプル

 

名刺のフォントサイズ:最低7pt以上

名前のフォントサイズ:18pt

会社名のフォントサイズ:10pt

フォント色:K70%

※会社名、名前、電話番後はK90%

 

あくまで例ですが、これくらいシンプルで、見やすい名刺を作ることで、事業内容や信頼のおける企業とうことがアピールできると思います。

 

名刺のデザインを作る際に注意すること

名刺のデザインを作る際に注意すること

 

ではここからは、名刺のデザインを作る際に注意することについて掲載していきます。

 

名刺のデザインを作る際に注意することとして、

 

  • デザインはプロに任せる
  • 印刷はプリンターではなく、印刷会社に任せる

 

の2点は徹底しておきたいところです。

 

これには理由があり、記事冒頭でも言いましたが、名刺は自分が使うものではなく名刺を渡す方の為にあるものですので、しっかりとしたデザインと印刷をすることが理想です。

中には、自分でプリンターなどで印刷する方もいますが、最近では名刺の印刷は500円〜印刷することが出来ますので、そこまで気にかけるほどの経費にはなりません。

安くできる上に、ものも良いものが仕上がりますので、ここは出し渋ることなくプロにお任せすることが一番です。

 

私も会社経営をしている時には、よく『ラクスル』を利用していましたが、納期も早くコストもかからないのでオススメです。

また、名刺だけでなく、会社案内なども格安で印刷することができますので、是非公式ページを覗いてみてくださいね♪

公式ページはコチラ>>>印刷のことなら総合印刷通販のラクスル



 

まとめ

以上が、【起業準備】信頼があり事業内容が伝わりやすい『名刺』の作り方になります。

まとめになりますが、起業して会社経営を成功させるためには、『名刺』は最も重要なツールですので、入念に作り込んでいくことをおすすめ致します。

また、名刺は自分好みよりも相手にとって見やすいことが重要ですので、その辺も踏まえた上でプロに依頼してデザインを作ってもらいましょう♪

 

名刺は、一度渡されれば、よほどのことがない限りはその場でゴミ箱に捨てられるものではありませんので、潜在的な宣伝広告としての能力も兼ね備えています。



起業・会社経営に関する人気記事

会社生存率とは?中小企業は設立から10年で倒産する確率90%超!

『会社を設立する方法』起業家になる為にやるべき5つの流れ!

起業する際に重要な『会社名(法人名)』を決める際の4つのポイント

『社長』と『CEO』の違いは?会社組織における正しい役職名と役割

起業して「賃貸事務所・テナント」を安く借りる方法と選び方