日本政策金融公庫の融資体験談はこちら

天然石アクセサリーショップの開業・副業方法まとめ!資格や開業資金など

天然石アクセサリーショップの開業方法まとめ!資格や開業資金などを解説

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@askigyou1)です。

さて本記事では、天然石アクセサリーショップの開業方法(副業含む)についてまとめています。

こんな方におすすめの記事です!

  • 天然石アクセサリーを販売して【開業】したい
  • 天然石アクセサリーを販売して【副業】で稼ぎたい

天然石アクセサリーを用いたビジネスモデルはいくつかあるのですが、主に以下のようなモデルがあります。

主なビジネスモデル

  • フリマアプリで販売する
  • ECサイトを立ち上げて販売する
  • 既存のアクセサリーショップに置いてもらう
  • アクセサリーショップを開業する
  • 講師としてスクールや教室を開講する

以下、開業する際に必要な資格や開業資金、ビジネスモデルなどについて詳しく解説していますので、是非参考にしてくださいね!

天然石アクセサリーは男女問わず需要がある

まず、天然石アクセサリーは男女問わず需要があるということは間違いありません。

例えば、女性用ならピアス、イヤリング、ネックレス、ブレスレット、ブローチ、キーホルダーなど、実に多数のアクセサリーがありますが、実は男性からも人気です。

それが、天然石を使ったブレスレットです。

またの名を「パワーストーンブレスレット」とも呼ばれたりしますが、私自身も普段から左手首に付けています。

中には、干支が描かれた玉や金箔の入った玉など、実にたくさんの種類が存在します。

原価の割に高額で販売することができますので、仕入れ先と販売ルートさえ確保できれば十分稼ぐことは可能です。

天然石アクセサリーショップの開業、及び副業で稼ぐ方法(ビジネスモデル)

天然石アクセサリーショップの開業方法、及び副業で稼ぐ方法(ビジネスモデル)は以下になります。

アクセサリーショップを開店する以外は、基本的に副業でも可能です。

メルカリなどのフリマアプリで販売する

天然石アクセサリーで最も稼げるパターンが、メルカリなどのフリマアプリを利用して販売する方法です。

手順は簡単で、販売したいアクセサリーを作り、その商品をフリマアプリで販売するだけです。

あくまで良質なアクセサリーを作ることができるのが条件ですが、中には主婦の方で月間100万円以上売り上げる方もいるそうです。

ただし、フリマアプリ系は値下げ交渉が頻繁に行われていますので、そういったことに対応できる時間も必要です。

ECサイトを立ち上げて販売する

次に、ECサイトを立ち上げて販売する方法です。

流れ的には、楽天市場やアマゾンなどの大手ECサイトにて出品し、そこで得たノウハウを利用して独自のECサイトを立ち上げるイメージですね。

ややハードルは上がりますが、断然利益率が高く手数料もないので、軌道に乗れば利益率を上げることができます。

既存のショップに置いてもらう

次に、既存のショップに置いてもらう方法です。

アクセサリーショップやアパレルショップ、美容室などに営業をかけて商品を置いてもらう、あるいは買取をしてもらうことで販売網を拡げることができます。

私の知人にも、知り合いのショップに置いてもらって月間10万円程度稼いでいる主婦の方がいます。

買取よりも売れた分だけ代金を頂くシステムの方が置いてもらいやすいです。

アクセサリーショップを開業する

次に、アクセサリーショップを開業する方法です。

テナントや宣伝広告など、初期費用がかかりますのでややハードルは高いですが、ECサイトやフリマアプリ等の販売と併用することで効率良く稼ぐことができます。

また、自宅等で製造をすると何かと不便さを感じることもありますが、ショップ兼作業場として利用すれば、利便性も図れる上に節税にもつながります。

講師としてスクールや教室を開講する

次に、講師としてスクールや教室を開講する方法です。

主婦や子供に対してスクールや教室を開講することで、販売意外にも稼げる場所を拡げることができます。

ただし、ある程度知名度や場所も必要になりますので、こちらもややハードルは高めです。

最近は新型コロナの影響で自宅時間も増えていますので、オンラインスクールも需要があります。

通信講座のPBアカデミーなら、最短2ヶ月の通信講座で「天然石アクセサリー認定講師」の資格が取得できます。

また、今なら資料請求をすると「20%OFF」の早割制度有り!

>>無料の資料請求はこちら

天然石アクセサリーショップを開業する際に必要な資格

天然石アクセサリーショップを開業する際に必要な資格は、2021年6月時点では特にありません。

特に許認可を取る必要もありませんので、比較的開業しやすいのが最大の利点です。

しかし、どうしても独学では事足りない部分もありますので、民間企業が開講している資格や講座を受けることをおすすめします。

そのほうが、より専門的な知識が学べると共に、お客様の求めるアクセサリーが作れるようになると思います。

また、天然石アクセサリーは、技術よりも良質な仕入れ先を探すことが重要です。

中には、割れやすい天然石もありますので、各天然石の特徴を理解することから始めましょう!

通信講座のPBアカデミーなら、最短2ヶ月の通信講座で「天然石アクセサリー認定講師」の資格が取得できます。

また、今なら資料請求をすると「20%OFF」の早割制度有り!

>>無料の資料請求はこちら

天然石アクセサリーショップにおける開業資金の目安

天然石アクセサリーショップにおける開業資金の目安は、おおよそ50万円〜100万円です。

項目費用
賃貸物件等の初期費用地域や立地により異なる
材料や備品代約10万円程度
宣伝広告代約3万円程度
資格取得代約6万円〜

どの地域でオープンさせるのかや、どの程度揃えるのかにもよるのですが、最低でも約50万円〜100万円程度見ておけば問題ないと思います。

賃貸物件の初期費用は大幅に変動しますので、注意が必要です。

まずは物件の賃貸費用にいくら掛かるのかを計算した上で、工事費用をどこまでかけるのかも入念に計算しましょう。

また、ショップを構えずにフリマアプリ等でのみ販売する場合には、概算で約10万円程度準備すれば問題ないと思います。

天然石アクセサリーショップを開業時に融資は可能?

天然石アクセサリーショップを開業する際、金融機関から融資を受けることは可能なのか?

万人が該当する訳ではありませんが、融資を受けることは可能です。

借入先融資額
金融機関500万円〜1,500万円ほど
日本政策金融公庫最大7,200万円
出資者を募る常識範囲内

上記表に記載した内容は、あくまで目安です。

金融機関や日本政策金融公庫などで融資を受ける際には審査がありますので、審査に落ちた場合はそもそも融資を受ける事はできません。

ただし、天然石アクセサリーに関しては原価も安く在庫を抱える必要もないので、私個人的には開業資金として融資を受けずに、約100万円〜200万円ほど貯蓄した上で開業することをおすすめします。

通信講座のPBアカデミーなら、最短2ヶ月の通信講座で「天然石アクセサリー認定講師」の資格が取得できます。

また、今なら資料請求をすると「20%OFF」の早割制度有り!

>>無料の資料請求はこちら

天然石アクセサリーショップを開業する際に届出が必要な場合も

天然石アクセサリーショップを開業する際、また副業で天然石アクセサリーを販売する際には、以下の届出が必要な場合があります。

  • 個人事業主の開業届
  • 確定申告

基本的には、1年間(1月1日〜12月31日まで)の売上高が20万円を超えるか、超えないかによって変わります。

個人事業主の開業届

必ずしも個人事業主の開業届を出す必要はないのですが、天然石アクセサリーの販売を収益の柱として開業する際には、税務署へ開業届を出した方が良いです。

正式名称は、「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。

また、個人事業主の場合、「白色申告」と「青色申告」の2種類から選択することができるのですが、最近はクラウドの会計ソフトを利用することで、指示に従って入力するだけで誰でも簡単に済ませることができますので、個人的には青色申告をおすすめしています。

別記事にて、個人事業主の開業方法やおすすめの会計ソフトなどを詳しく解説していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

【個人事業主の開業方法】開業届の出し方や青色申告、メリットなどを徹底解説【個人事業主の開業方法】開業届の出し方や青色申告、メリットなどを徹底解説

 

個人事業主の確定申告「やよいの青色申告オンライン」と「freee」どちらがおすすめ?個人事業主の確定申告「やよいの青色申告オンライン」と「freee」どちらがおすすめ?

確定申告

天然石アクセサリーを販売して稼いだ売上高によっては、確定申告をする必要が出てきますが、一つの指標として以下をご覧ください。

  1. 副業がパートまたはアルバイトであって、年間収入が20万円以下
  2. 副業がパートまたはアルバイト以外であって、年間所得が20万円以下
  3. 副業がパートまたはアルバイトとそれ以外の複数であって、それぞれの収入と所得の合計が年間20万円以下

いわゆる「20万円ルール」というものですが、年間の売上高が20万円以下の場合、かつパート、アルバイトなどの収入も含めて年間20万円以下なら、基本的に確定申告をする必要はありません。

ただし、天然石アクセサリーにかかる費用(材料費、光熱費、宣伝広告費など)は経費としてみなされますので、売上高から経費を差し引いた額が20万円以下になれば申告は必要ありません。

参考例

【申告は必要ない】
年間売上高40万円-経費22万円=18万円

 

【申告が必要】
年間売上高40万円-経費10万円=30万円

副業の20万円ルールについては、以下サイトにて分かりやすく解説されていますので、必要な方は一度ご覧頂ければと思います。

参考 会社員の副業はいくらから確定申告すべき?「20万円ルール」とは?JCB

おすすめの天然石アクセサリー認定講師資格講座

では最後に、天然石アクセサリーで開業する際におすすめの資格取得講座をご紹介していきます。

おすすめの天然石アクセサリー認定講師資格講座

通算20,000名以上のレッスン実績のある「PBアカデミー」が主催する「天然石アクセサリー認定講師」は、通信講座となっていますので空いた時間に自宅で学ぶことが出来ます。

認定講師と聞くと「経験者を対象とした講座?」と感じてしまうかもしれませんが、そうではありません。

全くの素人でも分かりやすい講座内容となっていますので、誰でも気軽にプロのスキルを習得することが可能です。

また、講座内容において少しでも分からないことがあれば、いつでも何度でも電話やメールにて質問ができますのでサポートも充実しています。

講座内容と教材キット

講座内容と教材キット

【1ヶ月目】

  1. 天然石のプロフィール
  2. 誕生石
  3. 形状
  4. サイズについて
  5. お手入れと取り扱い上の注意
  6. 肌色の関係
  7. カラーの特徴
  8. 同系色、反対色について

 

【1ヶ月〜2ヶ月目】

  1. 金具の種類
  2. 金具の素材の種類
  3. チェーンの長さ
  4. チェーンの種類
  5. 素材の種類
  6. ワイヤーの種類
  7. 平ペンチの使い方
  8. 丸ペンチの使い方
  9. ニッパーの使い方
  10. 基本のピンワーク
  11. パーツの種類

 

【2ヶ月〜3ヶ月目】

  1. リング技法
  2. ピアス技法①
  3. ピアス技法②
  4. イヤリング技法
  5. ネックレス技法①
  6. ネックレス技法②
  7. ブレスレット技法①
  8. ブレスレット技法②
  9. 参考デザイン
  10. 審査基準

 

【4ヶ月目】

  • テキストに沿って課題作成
  • 合格審査のための申請書類を作成

 

【教材キット】

  • 公式テキストのほか、材料、平ペンチ、丸ペンチ、ニッパー、アクセサリーマットが送られてきます。

講座内容、及び教材キットは時期により異なる場合があります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

安心の受講制度がある

3つの安心受講制度

【8日間の返品・返金制度】
8日以内であれば商品の返品、返金が可能です。

 

【不合格時の返金制度】
講座を受講し、万が一資格に合格できなかった場合は全額返金で0円に。

 

【受講期間2ヶ月延長制度】
育児や仕事で忙しい方の為に、課題提出までの期間が6ヶ月から8ヶ月まで延長可能。

※条件あり

特に、不合格時の返金制度や仕事や育児で忙しい方には嬉しい受講期間の延長制度など、PBアカデミーならではの取り組みです。

講座料金

講座料金

一括払い:税込69,300円
(送料/決済手数料別)

 

クレジットカード分割払い:税込3,300円×24回払い
(初回のみ税込4,349円)
※支払い参考例

また、今なら無料で資料請求をすることが出来る上に、20%OFFの早割制度があります。

どういった講座内容なのか、あるいは自分に合った講座内容なのかを確認する為にも、まずは資料請求をしてみましょう。

\無料の資料請求をしてみる/
天然石アクセサリー認定講師 資格取得講座

注意
早割制度は期間限定の割引キャンペーンの為、終了している可能性がございます。またその他割引キャンペーン等が開催されている場合もありますので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください