日本政策金融公庫の融資体験談はこちら

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いを解説!メリットやデメリットなど

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いを解説!メリットやデメリットなど

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@askigyou)です。

さて本記事では、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについて解説しています。

それぞれのメリットやデメリットについても詳しく解説していますので、是非参考にしてくださいね!

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いは、ワークスペースを利用できるかの違いです。

基本的にバーチャルオフィスの場合、住所のみ借りる形でワークスペースを料金込みで利用することは出来ません。

逆にレンタルオフィスの場合、他の人と共用という形ではありますが、デスクやOA機器の利用はもちろん、会議室や応接室の利用も可能です。

どちらが良いのかは個人によって賛否ありますが、以下バーチャルオフィスとレンタルオフィスのメリットとデメリットをご覧ください。

MEMO
コワーキングスペース、シェアオフィス、レンタルオフィスは、ほぼ同義として扱われていることが多いです。オープンスペースとなっているサービスや個室のサービスなど様々です。

バーチャルオフィスのメリット

  • 初期費用を安く済ませることが可能
  • 住所のみ利用したい方にはメリットしかない
  • 新たに営業拠点を増やしたり、海外拠点を増やす際に有効

バーチャルオフィスのメリットは、やはり住所のみ利用したい方には最小限の利用料金で済ませることができる分、メリットしかないことです。

特に、フリーランスとして事業を行っていて、普段自宅やカフェなどで仕事をしている方などに向いています。

ちなみに、私自身もバーチャルオフィスを利用している一人です。

普段は自宅やカフェなどで仕事をすることが多いのですが、特に不便さを感じたことはありませんね…。

また、私の場合は有人対応のあるバーチャルオフィスを利用していますが、料金は月額3,000円程度です。

バーチャルオフィスのデメリット

  • ワークスペースの利用には別途費用がかかる
  • 一部許認可が取りにくい場合がある
  • 法人口座、屋号付き口座の審査が厳しい場合がある

バーチャルオフィスのデメリットは、レンタルオフィスのようにワークスペースを利用することが出来ない為、落ち着いて仕事をするための空間を作るのがやや難しいです。

中には、バーチャルオフィス兼シェアオフィスとしてサービスを提供しているバーチャルオフィスもありますので、特に問題はありませんが…。

また、バーチャルオフィスだと人材派遣や古物商など一部許認可が取りにくい場合、法人口座や屋号付き口座の審査が厳しい場合があるようです。

契約前にご確認することをおすすめします。

レンタルオフィスのメリット

  • 初期費用を安く済ませることが可能
  • ワークスペースを利用できる
  • OA機器など業務を行う設備が全て揃っている
  • 許認可が取りやすい場合がある(バーチャルオフィスに比べて)

レンタルオフィスのメリットは、初期費用を安く済ませることができる上に、ワークスペースを利用できる点です。

最近はレンタルオフィスを利用する企業も多く、名は挙げませんが有名企業も多いです。

私も何度か打ち合わせでお邪魔していますが、OA機器の利用はもちろん、ドリンクバーが置いてあったり、サービスによってはかなり利便性がある印象です。

レンタルオフィスのデメリット

  • 他の人と共用であること
  • セキュリティにやや不満
  • 法人口座、屋号付き口座の審査が厳しい場合がある

レンタルオフィスのデメリットは、他の人と共用であることです。

特に、大きなセミナールームなどを利用できるサービスだと、人の出入りが多く、とても落ち着く空間とは言い難い環境であることは間違いありません。

個室完備のレンタルオフィスの場合は気になりませんが、それでもセキュリティに関してはやや不満さを感じますね…。

バーチャルオフィス兼レンタルオフィスのサービスもある

最近は、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースなど、一般的な賃貸オフィスとは違った環境で事業を行う企業が増えています。

やはり初期費用や毎月の固定費を安く抑えることができるのが一番の理由でしょう。

例えば、一般的なオフィスの場合、保証金で10ヶ月分を前納することも普通ですので、家賃が20万円の場合初期費用で300万円ほどかかるケースもあります。

そこからデスクやOA機器などをリースで導入すると、毎月の固定経費は増すばかりです。

最近は新型コロナウイルスの影響でテレワークを導入する企業も増えていますので、今後もバーチャルオフィスやレンタルオフィスの利用者が増えることは間違いないと思います。

また、最近はバーチャルオフィス兼レンタルオフィスを提供しているサービスもあります。

私も以前見学に行かせて頂いたことのある、千代田区にあるナレッジソサエティでは、以下のプランを用意しています。

バーチャルオフィス月額4,500円〜
シェアオフィス月額29,800円〜
レンタルオフィス月額80,000円〜

住所だけ利用したい方向けのバーチャルオフィスプラン、住所+ワークスペースを利用したい方向けのシェアオフィスプラン、住所+個室のワークスペースを利用したい方向けのレンタルオフィスプランの全3種類のプランを設けています。

契約時に対人の審査があるため、金融機関の法人口座や屋号付き口座が開設しやすいという最大のメリットがあります。

実際に見学をすることも可能ですので、希望される方は一度問い合わせてみてくださいね!

ナレッジソサエティに問い合わせてみる▼
東京都千代田区のバーチャルオフィス【ナレッジソサエティ】

ナレッジソサエティの料金・評判口コミまとめ!東京のバーチャルオフィスなら信頼度抜群! ナレッジソサエティの料金・評判口コミまとめ!東京のバーチャルオフィスなら信頼度抜群!

まとめ

まとめになりますが、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いは、ワークスペースの有無です。

他にも許認可の取得や法人口座や屋号付き口座の審査に影響する場合がありますが、これらが関係のない方はご自身の環境に応じて選んでいけば良いと思います。

例えば、私の場合は自宅で仕事をする機会が多いので住所のみ利用できれば良いと思いバーチャルオフィスを契約していますが、ワークスペースも利用したい方はバーチャルオフィスではなくレンタルオフィスがおすすめです。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

ナレッジソサエティに問い合わせてみる▼
東京都千代田区のバーチャルオフィス【ナレッジソサエティ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください